水代とウォーターサーバー

節約だけを考えて飲料水を選ぶ場合なら水道水が最も節約できます。しかし、水質は地域差がある可能性があります。塩素は水道水には最低限の量を使用することが定められているため、どの地域の水道水にもカルキなどが入っている可能性があり、地下から湧いてくるお水が使われているウォーターサーバーのお水などは、水道水にはないメリットがあると考えられています。ウォーターサーバーは天然の水源からとれたフレッシュで新鮮な水を各家庭に届けるというシステムなどが提案されています。とれたてのお水が使われていますので、水道水にはないメリットがたくさんありますが、水代という点では、やはり水道水の方がメリットはあるかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーは、これまでコンビニなどでミネラルウォーターを買ってお茶やコーヒーを淹れたり、飲み水などに使っていたという人にとっては、飲み水代を節約できるという効果があるといえます。ミネラルウォーターをその都度購入するならウォーターサーバーのお水を飲んだ方が節約効果もある場合も高いといえます。飲料水には様々な物があります。ウォーターサーバーやミネラルウォーターや浄水器のお水、スーパーのお水、水道水などです。その中で、飲料水の種類ごとにかかる費用を比較して同じ量で、高価な順に並べると、ミネラルウォーター、ウォーターサーバー、浄水器、スーパーのお水、そして水道水となるのが一般的でしょう。

同じ量のミネラルウォーターを購入するのであれば、ウォーターサーバーの方が水代という点でおすすめです。しかし、業務用などで多くの量を使用するという場合、ウォーターサーバーの中には定額制で購入できる料金プランが選択可能になっているところもありますので、定額制での注文はウォーターサーバーが水代という点でお得になるケースもあるのです。ウォーターサーバーは長期間利用するものですので、多くのお水を消費する場合、スーパーなどにあるお水よりもリーズナブルになるということもあるでしょう。さらにウォーターサーバーの料金プランには各社にそれぞれ特徴があります。様々なメーカーのプランをよく比較検討することが、よりリーズナブルにウォーターサーバーの水を購入するためのポイントといえます。

単純に節約だけを考えて飲料水を選ぶという場合なら、水道水が最も節約できますが、天然の水源からとれた水がパッキングされているウォーターサーバーのお水は水道水では得られないメリットがあります。

INFORMATION

2017年02月01日
ホームページを更新しました。